RakkoTools

HTTPヘッダー確認

Webサーバから送信されたHTTPレスポンスヘッダーを表示

お気に入りツール登録

できること

URLをリクエストする際にWebサーバーが返すHTTPヘッダーを確認できます。
HTTPステータスコード、Webサーバー情報、コンテンツタイプ、コンテンツエンコーディング、およびその他の有用な情報を表示できます。

主要なHTTPステータスコード:

  • 200 OK:リクエストは成功し、レスポンスにはリクエストされたコンテンツが含まれます。
  • 301:Moved Permanently:コンテンツは別のURL(Locationヘッダーで指定)に移動しています。 リンクを新しいURLに置き換えると、パフォーマンスが向上します。
  • 302:Found:コンテンツは、一時的にLocationヘッダーで指定されたURLに移動しています。
  • 303:See other:コンテンツはLocationヘッダーで指定されたURLにあります。 GETメソッドを使用して取得する必要があります。
  • 307:Temporary Redirect:コンテンツは、一時的にLocationヘッダーで指定されたURLに移動しています。
  • 401:Unauthorized:コンテンツにアクセスするには認証が必要です。
  • 403:Forbidden:アクセスが拒否されています。
  • 404:Not Found:リソースが見つかりませんでした。またはアクセス権がありません。
  • 405:Method Not Allowed:指定されたHTTPメソッドは使用できません。 Allowヘッダーに使用できるメソッドが表示されます。
  • 410:Gone:404と似ていますが、こちらは2度と復活しない場合に使用されます。コンテンツが利用できないだけでなく、転送先アドレスも指定されていません。
  • 500:Internal Server Error:ウェブサーバー内部で問題があり、リクエストが処理されませんでした。
  • 503:Service Unavailable:コンテンツは一時的に利用できません。(過負荷やメンテナンスなど)

使用例

  • サーバーにデプロイする際に、Webサイトがアクセス可能かどうかを確認する
  • ウェブサーバーの構築または設定中に、サーバー名、リダイレクト、データが返される際のエンコードの形式/タイプ、ウェブサーバー上の現在の日付の設定などの設定を確認する

関連ツール